読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみさんにばれてたツーリング日記

主に関東近辺をツーリングした記録。よく温泉に行っています。

元「かみさんに内緒のツーリング日記」
バイク購入後約1年間、内緒にしてツーリングに行ってました。
今は、晴れて公認?

行きはよいよい、帰りはこわい − 秋山郷泊まりツーリング

予定していた、秋山郷で紅葉を見るツーリングに行ってきました。
わらいぶくろさん、230さんとの泊まりのツーリングです。

ご存知のとおり、週間天気予報がだんだん悪くなり、最後は日曜日雨の予報になってしまいました。
土曜日は、まだなんとか天候がもってくれたのですが、日曜日は土砂降りに。
でも帰るためには、走るしかないですよね。
ということで、往路は良かったのですが、復路は大変なツーリングとなりました。

まずは19日の顛末です。
6:00起床。朝食をゆっくり食べてガレージへ。雨が降るのと、寒さに備えて、禁断のハンドルカバーをトップケースに仕込みます。
7時ちょっと過ぎ出発。9時集合なので余裕のはずです。
雨の予報なのに車多し。しかも坂戸西インター(最近出来た高坂の手前のインター)まで渋滞。
朝からすり抜けは疲れます。
ホント、都内出発で一番嫌なのは、いきなり渋滞に巻き込まれることです。
もっと朝早く、6時頃に高速に乗ればいいのでしょうけど・・・・。
なんとか、8:30ぐらいに集合地点の駒寄パーキングに到着。
天気がいまいちなのに、結構バイク来てました。

9時前には全員集合。インカムの取り付けやら、ペアリングやら、ルート確認やらしていたらすっかり遅くなってしまいました。
9時半に駒寄パーキング出発。昭和インターで関越を降り、ロマンチック街道経由、K231、K53を迷走。
でも、クネクネを楽しめました。
11時ぐらいに「たくみの里」に到着。当初の予定にはなかったのですが、なんか良さそうだったので休憩がてら散策。


一回りすると結構広いんですねここ。わらいぶくろさんいわく「ちょっと大内宿に似てる」とのことでした。
まあ大内宿に行ったことがないので、私にはわからないんですけどね(笑)
ここでちょっと早めの昼食に。

寒かったのですが、そばの風味を味わうために天ざるに。
あげたての山菜天ぷらとそばがなかなかうまかったです。

ここからは、三国峠を通って、苗場、田代、かぐらとR17を走ります。
途中給油、コンビニ休憩を経て、本日のメインイベントの清津峡へ。ちなみに、ここまでの道もなかなかの快走路です。
500円払って、トンネルを歩きます。こんな風景が見れます。




ここでの収穫は十日町きものクイーンの方と一緒に写真を撮れたことかな?
たまたま歩いていらっしゃったので、お願いして一緒に取りました。

いい写真も撮れたので、秋山郷に向かいます。
途中、天池に立ち寄ります。うーん、朝日があるといいのかな?ちょっと残念な感じ。


ということで切明リバーサイドハウスに。まったり温泉。山菜中心の夕食とビールが最高です。
部屋に戻って、わらいぶくろさんが仕入れたウィスキーと、懐かしいアニメやら、ドラマやらで楽しみました。
11時に就寝。日曜の朝の天候は、この時点では曇りの予定だったのですが・・・・

20日になりました。
6時起床。雨の音がします。ざあざあ降りでした。がっくり。
とりあえず、もう一回露天風呂に浸かります。外は10度以下という感じ。でも温泉は適温です。
朝食の時間までゆっくりして、朝ご飯に。朝も山菜中心。ヘルシーです。でも量は結構あります。
キノコの味噌汁がうまかったですね。

9時出発予定で、準備します。結局最初からカッパを来て出発となりました。あっハンドルカバーも装着しました。
このあたりの紅葉はこんな感じでした。


奥志賀林道方面へ向かいます。標高が上がってきて、やっと紅葉が綺麗になってきます。
でも、雨のため止まって写真を取る気になれません。当初の予定を変更して、カヤノ平をあきらめて山を降りることにしました。
途中、一池だけ止まって写真を。雨に濡れて寒かった。



信州中野インターから長野道へ。小諸インターで降りて、あぐりの湯こもろへ。
いつもは空いているのですが、この日はなにやらあぐり祭りというイベントだったらしく大混雑でした。
なんとか昼食にありついて、温泉へ。ゆっくり温まりノンアルコールビールで休憩です。
でも雨は止みません。結局カッパを来て再出発となりました。
横川サービスエリアで給油&お約束のソフトクリーム。寒いのに。眠気覚ましです。
最後は藤岡パーキングで解散です。
帰りの関越は断続的に渋滞。でもなんとか6時半に帰り着きました。久々に一日雨に降られました。
もうこうなるとツーリングというよりか、帰ってきただけって感じですね。

わらいぶくろさん、230さんお疲れ様でした。11月にどこかリベンジに行きましょう。

19日のルート

20日のルート