読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみさんにばれてたツーリング日記

主に関東近辺をツーリングした記録。よく温泉に行っています。

元「かみさんに内緒のツーリング日記」
バイク購入後約1年間、内緒にしてツーリングに行ってました。
今は、晴れて公認?

わらいぶくろさんと行く! 秋山郷、カヤの平、もりだくさん秘境ツーリング 1日目

三連休の後半の日月で、わらいぶくろさんと泊まりでツーリングに行ってきました。
直前まで天候が微妙だったのですが、宿を予約してしまったので、雨に多少降られてもいい覚悟で出かけました。

前日夜遅くまで予定があって寝たのが1時ぐらいだったのですが、自然に5時半に眼が覚めて6時半には家を出発です。
まだ時間の余裕があったので、近所のコンビニでサンドイッチを朝食に食べます。
今回はクーラーバックを持って行ったので、ノンアルコールビールでも仕込んで行こうかと思ったのですがあいにくその店では売っておらず。しょうがないので夜用に小さいワインを買って行きました。これが意外と正解だったことは後でわかります。

朝食後は、ガレージで準備。
このときGPSロガーがちゃんと動かないことに気づきました。ということで今回はGPSログがありません。
この日も結構暑かったのでフル夏装備。透湿速乾インナー(上下)、フルメッシュジャケット、メッシュのライディングパンツです。これが後から後悔につながるのですが・・・・・
ガレージ出発は7:20ごろ。9時@駒寄パーキングエリア集合なので、通常なら余裕のはずです。
ところが・・・・関越乗るまではまあ順調だったのですが、川越あたりから渋滞。
朝から約20kmの渋滞をぬけることになりました。

三芳あたりで、見たことのあるBMWのバイクが。渋滞の中、車の後ろについて走っています。振り向いてみたら・・・案の定 koara さんでした。職場のお仲間とツーリングでしょうか。大きく手をあげて、挨拶して先を急ぎます。
なんとか、8:45頃到着。熱中症対策に水分補給。インカムのペアリング、コースの確認をします。
この時点ではいい天気でした。

ただ当初予定した新潟方面の天気が微妙だったので、どうしようか検討し、結果降られてもいいということで予定どおりのコースへ向かいました。まず最初は、関越を月夜野インターまで行ってR17の田舎道を比較的(?)のんびり走ります。
最初のストップポイントは県境でもある三国トンネル。

新潟県側に行くと大雨だったりするのかなーと話しながら走りだします。
大丈夫でした。新潟県側も降ってません。
ここから苗場まで快調に走ります。夏の苗場は閑散としてますね。まだ夏の営業は始まっていないようです。

わらいぶくろさんは20年前のスキー以来とのことでした。
何もないので早々に出発。田代、みつまたを抜けあっという間に湯沢に到着です。
ここでちょっと雨が降ってきました。コンビニで一旦雨がやむのを待ちます。
トイレを借りて、水分補給して20分ほど雨宿り。小降りになってきたので、出発します。
湯沢インターから再度関越に乗って、六日町インターまで。結構降られてしまいました。
でもカッパを着ずに走ります。なんとか耐えられるぐらいの雨でした。
六日町で降りて昼食です。
ツーリングマップルにある、蕎麦屋敷 ぶな苑を目指したのですが、なかなか見つかりません。
正確には、最初にここかなと思ったところがあったのですが、店の名前が違うので、ここじゃないと思ってぐるぐる探し回ってしまいました。
結局、名前が変わっていて「すばや」となっていました。

ここでも紹介されていますがお得感満載でした。
そばとうどんの合盛り1200円を、二人でそれぞれ注文しようとしたのですが・・・「量が多いです」ときっぱり言われ、1つにして代わりに天ぷら盛り合わせ500円を注文しました。
セルフサービスのそば茶などを飲んで待ってしばらくしたら、なにやら御膳が運ばれてきます。ひとつかと思ったら二つ。それぞれに付け合わせやら、パインやら乗ってます。
それとともに、大きなざるにはいった大量のそばとうどんが。かつ結構ボリュームのある天ぷら。


つけあわせの分は別料金か?と疑いましたが、お支払いは1700円!
雰囲気もなかなかですし、ゆったり座れますのでお勧めです。ちなみにトイレもきれいでした。

お店を出たら晴れ間ものぞいてきました。インター近くのスタンドでガソリン補給して、魚沼スカイラインを目指します。
魚沼スカイラインは、最初は大したことないかなと思いましたが尾根伝いに走る道は意外と楽しい。晴れていたら景色もなかなかでしょう。
ということでさっそく停車。八箇峠見晴らし台です。あいにくの曇りですが、眼下に南魚沼市が広がります。

途中、大きな観音像がありました。またもや停止。なんかあやしいです。調べたら由緒正しいようですが。
こんなに止まってたら目的地にたどり着きません。先を急ぎます。
この辺から、夜の買い出しようのコンビニを探しながら走っていたのですが、まったくコンビニがありません。
結局、最後まで見つかりませんでした。半日ぐらい走ってもコンビニがないなんて、ここ本当に日本なんでしょうか?
まあ、国道沿いにないだけでちょっとそれるとあるのかもしれませんが・・・・。

R353,R117と走って、途中まっすぐな道があるという原町方面に行きます。この道は、悪名高いグリーンピア津南に向かう広域農道で、ちょっと北海道の道を彷彿とさせる道です。
見通しはあまりありませんが、本当にまっすぐに道が続いています。ちょっと北海道気分にひたって走りました。

グリーンピア津南の入り口手前を右折して、R405へ。
R405は、国道としてはつながっていない道で、これが国道かって言うほど狭いところがありますが、基本的に路面がきれいで走って楽しい道でした。
そのまま宿に行くのももったいないので、周辺を散策ということで、まずは見倉橋に。
駐車場にバイクを止めてほんの5分ほど歩きます。なかなか秘境感がただよう渓谷が広がってました。
橋を渡ってみましたが結構ゆれます。高所恐怖症の人にはつらいかな。


次に行ったのは蛇淵の滝。ここも5分ほど歩いて階段を降りたら到着です。
遠目になかなかの流量の滝が見えます。滝壺が二段になっていて迫力ありました。



さてゆっくりしていると宿に着くのが本当に遅くなってしまいます。ここからは脇目もふらず宿へ。
5時ぐらいに到着。今夜の宿は切明リバーサイドハウスです。

なんかしゃれた名前で外観もそれっぽいですが、部屋は純和風です。部屋からは川が望め涼しい風が入ってきます。
エアコンなんか要らない気温でした。ただ窓を夜空けていると虫がいっぱい来るそうで、夜間は窓を閉めるように警告が書かれていましたので、夕食前には閉めました。それでも十分涼しかったです。

到着後一息ついたら、とりあえずビールで乾杯して内風呂へ。ゆっくり汗を流しました。他に誰も来ませんでした。
露天は後回しにして夕食へ。山菜中心のヘルシーメニューですが、どれも美味しかったです。すっかり満腹になり部屋へ。

ここで買ってきたワインを空けて、定番の宇宙戦艦ヤマトを鑑賞。(アニオタかっ!)
見ているうちに眠ってしまいました。わらいぶくろさんはそのまま朝まで。私は1時間ほどで目覚めて露天へ。
ここの露天は混浴なのですが、脱衣所があり、大きな岩が真ん中にあるので女性も入りやすいように出来てます。
実際、先客としてご夫婦らしき人たちが入っていましたが、あまり気兼ねなく入浴されていました。
私も気をあまり使うことなく温泉を楽しめました。
露天は非常に静かで、川のせせらぎと虫の声しか聞こえません。また天気が良ければ満天の星が見えそう。
あいにく曇っていたので、リベンジを心に誓って部屋に戻り就寝。11時ぐらいでした。

充実の1日目でした。2日目に続きます。