読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみさんにばれてたツーリング日記

主に関東近辺をツーリングした記録。よく温泉に行っています。

元「かみさんに内緒のツーリング日記」
バイク購入後約1年間、内緒にしてツーリングに行ってました。
今は、晴れて公認?

嵐の日には、面倒くさいことをやろう - SMH-10 Firmware バージョンアップ

4月最初の土日は大雨&暴風でバイクに乗れない日になりました。
全国3000万(?)のライダーの皆さんも乗れなくてフラストが溜まったのではないでしょうか?
こんな週末は、家族サービス・・・のわけないですね。
まあ、土曜日は夕食(カレーですが)を作り、日曜日は長女を自動車学校に送って行ったので、ちょっと家族サービスしたということで。
そうそう、自動車学校(和光のレインボーモータースクール)の大型自動二輪教習用に新車が導入されていました。
教習仕様のNC750Lみたいです。まだ教習には使っていないようでしたが。
CB750に比べてパワーも重さも少ないので、あまり中型と感覚が変わらない教習になるのでは?と思います。

さて帰ってきてからは、懸案だったインカムのファームウェアバージョンアップを試します。
以下がリリースノートからの抜粋

SMH10 Firmware Version 4.2 Release Notes
March 25, 2013

CHANGES
=======
Multipoint
Multi-language voice prompts
Increased A2DP volume
Improved compatibility with Bluetooth onboard audio systems and GPS devices
Minor bug fixes in device interoperability, audio management and intercom

このバージョンから、日本語で案内がサポートされました。
インカムの電源オンをすると以前は”Hello"だったのが、「こんにちは」になりました。
なんか逆にださくなった気もしますが、まあいいとしましょう。

さて、バージョンアップですが結論からするとMACではできない”ということになりました。
USBにインカムを接続して電源オンすると、認識しないばかりかキーボード、マウスが動かなくなります。
あきらめてWindowsマシンでやったらあっさりできました。
その後、再度iPhoneや他のインカムとペアリング。動作確認終了です。

私は3台のSMH-10を持っています。
2台は、ファームウェアのバージョンアップが出来ないもので、1台はできるものです。
実は、この3台の組み合わせで、3人で同時に会話できるんです。

やり方を簡単に説明すると、
事前にそれぞれをペアリングしておきます。
1人目の人が、ジョグボタンを”トントン”と2回押して2人目と会話を開始します。
そのあと3人目がジョグボタンを”トントン”と押すと、会話に入ることができます。

実際のツーリングでの使い方としては、最初からつないだ状態で走り始めるか、合図を決めておいて、走行中に2人が会話しているところに参加してもらうという感じでしょうか。
または、二人で会話していて、一旦接続を切って、三人目と会話を始めたところに、参加してもらうという感じかもしれません。
いずれにしても、何の中継ポイントもなくて三人で会話できるのはうれしいですね。
実は、この機能はちょっと前から実装されていたのですが、ファームウェアをバージョンアップして、3台での接続が安定した気がします。

問題は、三人で行くことが少ないということでしょうか(泣)
あとは、SENAを使っている人が少ないというのも問題です。結構B+COMの人多いんです。
SENA SMH-10だとB+COM1台の値段で、ペアが買えるんですけどね。

写真がないと寂しいので、先週ホンダウェルカムプラザ青山で撮ったGOLDWING F6Bの写真を載せておきます。(本文とは全く関係ありません)

GOLDWINGってギア付きなんですね。ずーっとオートマだと思ってました。
それにしても大きいです。すり抜けは絶対無理でしょうね。