読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみさんにばれてたツーリング日記

主に関東近辺をツーリングした記録。よく温泉に行っています。

元「かみさんに内緒のツーリング日記」
バイク購入後約1年間、内緒にしてツーリングに行ってました。
今は、晴れて公認?

伊豆超概要ツーリングの巻

新しい朝が来ました。(わかる人にはわかるフレーズ)
二人はまだ爆睡中ですが、5:30に目が覚めた俺は6時まで布団でうつらうつら。
6時に朝風呂に。早朝(ってほどでもないけど)なのに、それなり風呂に入ってる人がいる。みんなじじいらしい。
30分ほど入って、戻ったらやっとわらいぶくろさんが起床。motorbikeさんは高いびき。
いろいろ身だしなみを整えていたらやっとmotorbikeさんが起床。朝風呂へ直行されていました。
俺は、これからのコースを検討して、ナビで検索など。
全員揃って朝飯。7:00。
だいたいこういうところでは食べ過ぎるんだよなーと思いつつ、ちょっとセーブしておかわりせずに我慢。
普段、朝飯をたべないわらいぶくろさんは結構食べていた。
部屋に帰ってきて、出発の準備。8:00に出発。

まずは、だるま山展望台を目指す。ナビに”距離優先”で検索させたら、なかなかマニアックな道をガイドされた。(詳しくは、本日のルートコーナーをご覧ください)
20分ほどで到着。途中ちょっと路面が濡れていたりして、雨が降った後のよう。
だるま山展望台は通常とてもきれいな富士が見えるのだが、やはり夏の富士は一筋縄では行かないようだ。

残念ながらこんな感じ。

運がいいとこんな風景が見える。
中国人の家族が来ていて、写真やら動画やらを撮っていた。なかなか仲が良さそうでほほえましい。
これから行く予定の西伊豆スカイライン方面は、黒い雲がかかっていたが、かまわず出発。
果たして西伊豆スカイラインは、滅多にないぐらいのガスで視界最悪。普通だと最高に気持ちいい道なので、わらいぶくろさんに体感してもらいたかったが、次回のお楽しみということで。
あっという間に、西天城高原まで。ここで小休止。

ちょっと幻想的な雰囲気。ここからK410を降りる。なかなかタイトなコーナーの連続。海沿いに松崎方面に移動。下界はやっぱり暑かった。酷暑。
途中、景色が良かった堂ヶ島で休憩&散策。海水浴の人が楽しそう。
 
海がきれいです。
こんなところにも寄りました。
 
沢田公園露天風呂
ここで夕陽を眺めながら入ると最高だろうな。中をちょっとのぞきましたが、狭いながらもきれいな脱衣所があり、鍵付きロッカーもあって設備的には整っていそう。
そのうち入りにこよう。
ここからは、松崎を経由し、K15で下田方面へ。時間が無いのでほぼノンストップ。
下田からK414を登って、河津ループ橋を素通り。天城トンネルをぬけ、浄蓮の滝まで。
ここで、ちょっとマイナスイオンを浴び、涼しくなる。相変わらず人が一杯。
 
わさびアイスをたべて「からい」と言っているmotorbikeさん。飲み過ぎからか疲れが見えますな。
さて先を急ぎます。なんて言ったって6時にわらいぶくろさんが家に着いていなきゃいけませんから。
入り口が非常にわかりにくいK59を通って冷川インターへ。この道がなかなか酷道なんですわ。秋に通ると落ち葉でタイヤが滑りそうな狭い道。
わらいぶくろさんも、こんな道を通るんだと思ったそう。
途中のわさび田。

この後は、お約束の伊豆スカイライン。いつ走っても楽しい道。風景も、適度なワインディングも最高です。
天気は良くなかったので富士はみえなかったけどね。
 
お約束のスカイポート亀石で休憩。暑い暑い。

でも、そこから先標高が上がって行くと涼しくなった。大観山は涼しかった。
大観山は、芦ノ湖と富士で素晴らしい景色・・・・と言いたいところだったがガスっていてまったく何も見えず。
また来ましょう。わらいぶくろさん。冬にでも。極寒ですが。
というわけで、約6時間で伊豆をぐるっと。超概要ツーリングとなった。次回は伊豆メインでもいいかな。まだまだいろいろ楽しい場所ありますからね。
ここからは、ショートカットのためにターンパイクを降り、小田原厚木道路経由東名へ。
このあたりで睡魔に襲われたがなんとか耐えて海老名まで。
東名は厚木から海老名の先ぐらいまで大混雑。3時ぐらいなのにもう混雑。やっぱ先週天気が悪かったから今週一斉にお出かけかな。
ここで、軽く昼飯を食べ、バイクにも昼ご飯。

motorbikeさんとは、一旦ここでお別れ。わらいぶくろさんには、灼熱のC2を体感していただき、東北道経由でお帰りです。
6時には帰り着いたとのことです。どれだけ飛ばしたんでしょうねぇ。(笑)
5時には家に帰り着きました。家には誰もおらず。後から聞いたら、振袖買いに行ったらしい。
8時間半、約270kmのツーリングでした。

今日のルート

充実でしたが、ちょっと慌ただしかったかな。でも走ってばっかりじゃない楽しいツーリングとなりました。